こそあどタブロイド

思ったこと書くのよ、人間だもの。

【大学生の】電子マネー入門

お久しぶりです。

三日坊主なんて言いますけど一日で終わりましたよ。坊主に怒られろ、俺。

 

内容は前回からの続きですね。前回に大学生が電子マネーを使うべき理由

glasses-stripe.hateblo.jp

 を雑に書き残していったんで、今回は「電子マネーの種類」について書いていこうかなんて思います。

 

1.プリペイド(前払い)

 

f:id:glasses-stripe:20170327150254j:plain

 

プリペイド方式の電子マネーはざっとこんなもん。

使用する前に残高を確認する作業が必要になるやつですね。要はチャージするタイプよ。

 

メリット

  • 現金チャージができる
  • チャージの作業が必要なので、使いすぎを抑えられる(?)
  • ポイントの二重取りができるものがある

 

と書きましたが、僕思うにプリペイド方式の電子マネー使う理由なんてポイントの二重取り以外ないと思う。だって便利さ追求するんだったらポストペイ(後払い)のチャージ要らずの一強やん?

 

ここで触れなければいけないのは「ポイントの二重取り」について。

恐らく電子マネーを賢く使おうと思うならば通らなければいけない道です。

通常のお店で買い物すると200円で1ポイントつくようになっているポイント。これに加えチャージ代金がポイントとして加わるので恐ろしく埃のようにポイントが溜まる最強の節約術です。

edy.rakuten.co.jp

楽天が提供するプリペイド電子マネーEdyは恐らく一番ポイントがたまる電子マネー。ただ二重取りとか考えるには必ず関係のあるクレジットカードが必要になるので詳しくはまた今度。

 

デメリット

  • チャージがめんどう

 

これだけでしょう。いや本当に。人によっちゃ「メリットだ!」なんて言いますけどねぇ~僕は面倒だと思っています。ハイ。

 

2.ポストペイ(後払い)

 

 

f:id:glasses-stripe:20170327150528j:plainf:id:glasses-stripe:20170327150525j:plain

 

種類で言えばNTTdocomoの提供する電子マネーIDだったり、日本が誇るクレジットカード会社&国際ブランドJCBが提供するQuickPayがまさにこれ。

紐づけしたクレジットカードに請求が届きます。そしてその際にポイントが付くと。

 

メリット

  • チャージ要らずなので非常にスマート

 

うーん。メリットが薄いように見えるけど、これって非常に大なことで正直一度ポストペイ型体験したらプリペイドに戻れないのよ。便利すぎて。(まぁポイント乞食は二重取り第一だけども)

もうコンビニで買うもの決まってた入店から退店まで1分かかんないもんね。時間に常に追われている意識高い系の皆さんにおすすめします。

 

デメリット

  • ポイントの二重取りは無い
  • 使えるカードが限られてくる

 

チャージがないことがメリットなんでポイントの二重取りがないのお分かりいただけるでしょう。

一番の問題はカードが限られること。これは後払いということからクレジットカードとの結びつきが強いです。quickpayなんてそもそも会社がJCBだからね。そりゃそうよって感じ。

 

まとめ

 

便利なことには間違いないですし何よりもポイントがバカになりません。大学生コンビニでいくら使ってるよ?マジで切り替えた方がお得に生きていけるのにって思いながら端から見てます。日本で電子マネーが普及したら大学のコンビニの糞ほど混んでるあの現象も解決されるのに。早くはやんねーかなーーー。

f:id:glasses-stripe:20170410160512p:plain